Jet’s Blog
Webサービス

4,900円の身に覚えのない請求(引き落とし)は、Amazonプライム会員の年会費の恐れが大

Amazonプライム会員の筆者です。Amazonプライムは便利ですよね。Amazonでの買い物のお急ぎ便が無料で使える上、プライムビデオのラインナップが優秀で、『鬼滅の刃』や『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』などを見るのにも便利です。

ただ、今日、楽天銀行から衝撃のメールが届きました。

見に覚えのない4,900円が、楽天銀行のVISAデビットカード経由で引き落としされていました。

4,900円は非常に大金です。最近、4,900円ぐらいの買い物もしてないですし、サブスク系でもこんな高額なものは契約していない…はずと思っていました。

そこで、Googleで4,900円と検索したところ、4,900円はAmazonプライム会員の年会費の可能性が高い!と出てきました(りそな銀行Webサイト)。

調べてみたら、やっぱり、Amazonプライムの年会費でした。ちょうど引き落とし日が更新日だったようです。

実は、Amazonプライムですが、NTTドコモの料金プラン「ギガホ」に切り替えた際の特典で1年間無料となっていました。

とは言っても、1年無料期間が終了するというメールは一切来ていないですし、Amazonのプライム会員は以前まで月額課金で登録していたので、月額課金になるものと思っていました。

でも、これは卑怯ですよ… Amazonさん。

そして、急いでAmazonのサイトへ向かい、月額課金へ変更。

筆者の場合、Amazonプライムの有料での1年期間開始後から、一切お急ぎ便やプライムビデオを使っていなかったみたいで、年間プランから月額プランへの変更が手数料なしで行うことができました。

ただ、一度引き落としされた4,900円はまだ口座に返金されていません。VISAデビットカードなどは、クレジットカードのシステムを使ったシステムなので、返金には1ヶ月ぐらい時間がかかるものと思います。

ドコモの「ギガホ」「ギガライト」での無料特典終了後の自動更新に注意!

NTTドコモのキャンペーンで、Amazonプライム会員が1年無料で使えるという施策を利用した方、自動更新には気をつけてください。

おそらく、更新に必要なクレジットカードやVISAやJCBのデビットカードの番号を登録している方もいらっしゃると思いますが、筆者のように、Amazonは予告なく、Amazonプライム会員の自動更新の処理をしてきます

まだ月額プランなら良いですが、基本的にAmazonプライムは1年プランでの契約らしく、4,900円の料金を請求してきます。

まとめ

4,900円の見に覚えのない請求(引き落とし)は、Amazonプライムの年会費の可能性が高いです。

Amazonプライムの無料キャンペーンを利用している方は、特に気をつけてください。知らない間に有料期間が始まっているかもしれません。

Amazonのサービスには非常に満足していますが、事前に予告のない請求はちょっとドン引きしてしまいます。これでAmazonに対してイメージが悪くなるのは非常に悲しいです。

[Amazon]